機械は応用性がありません | 出張マッサージで身体のストレスや疲れを改善しましょう!
menu

機械は応用性がありません

エステに使う道具

お手軽ということだけに重点を置けば、最も適しているのは「マッサージチェア」を購入して自宅でマッサージをすることです。
しかし、このマッサージチェアは今かなり人気が低迷しています。その理由も様々です。価格が高額だったり、家の面積をけっこう占領してしまったりなどがありますが、最も大きな理由は人が持つ「慣れ」でしょう。この慣れが原因でマッサージチェアのマッサージでは次第に満足もできなくなっていくのです。マッサージチェアの動きはメーカーが決めた範囲でしかできません。力の加減も一定であり、応用が効きません。
つまり、毎日マッサージチェアを利用していると、身体は無意識にその動きや力に慣れてしまうということにあります。そうなれば、利用の頻度も自動的に少なくなり、最終的にはただの椅子になってしまうのです。
その一方で、マッサージ店のマッサージはセラピストという人間が行なうので、慣れにくいのです。セラピストによってマッサージのリズムや力の加減も違ってきます。これがマッサージ店は飽きが来ないという理由の1つになります。また、セラピストのマッサージを毎日行なうような人もほぼいないでしょう。
昔は全国の家電量販店の看板商品にもなったことのある、マッサージチェアではありますが、今はそのようなこともなくお店の端っこに置かれていることがほとんどです。しばらくはマッサージチェアが注目されることはないのかもしれません。